どんな人が税理士に向いているの?資格を取るまでの流れ

税理士の適性や、なるための情報を紹介、解説するサイト

税理士という資格の概要、役割、そしてやりがい

このサイトでは、会社を運営していく上では無くてはならない職業「税理士」という仕事について解説します。
内容としては、その意義や資格試験の難易度、職業としての役割などはもちろん、弁護士や司法書士などとの違いも解説していきますので、税金に関するお医者さんともいえるこの「税理士」という資格についてより深く理解して頂けるかと思います。
この資格取得を目指している人だけでなく、税理士に何かを相談しようと思っている人、更には、特に関わりがないが、知っておきたいという人まで、さまざまな人たちに、分かりやすく理解して頂けるよう、心掛けていきます。
皆さんは「税理士」と聞いて、言葉だけは聞いたことがある人は多くいらっしゃるかとおもいますが、実際にはどんな仕事をしているか、つまりその詳細な内容についてまでしっかり把握しているという人はそう多くは無いかもしれません。
「税」という語がくっついているので、何となく「税金」に関する仕事をするのかな、というイメージは付きますが、税に関してもさまざまな関わり方がありますから、重要そうには思えても、どれだけ大事な職業なのかについては、改めて知ろうと思わなければ難しいものです。
でも、この「税理士」という仕事は、特に企業に勤務しているサラリーマン、特に自営業を営んでいる人にとっては、知っておいて損はない、むしろ役に立つかもしれない役割も多いのです。
このサイトでは、そういう「税理士」の重要性の高さや、具体的な資格取得の道のりなどを知っていただければと思います。